糖尿病の多くの人が2型糖尿病です


by tukilin777a

1型糖尿病と2型糖尿病

糖尿病には1型と2型というのがよく言われます。

1型糖尿病は「インスリン依存型」の糖尿病といわれています。昔は小児糖尿病と呼ばれ、ほとんどの人が成人までに発症します。

日本では糖尿病患者の5%以下で、10万人に1.5人の発症率と数は多くありません。
痩せている人に多いタイプの糖尿病で膵臓にあるインシスリンを分泌する細胞が何らかの原因でうまく働かなくなるために起こります。
家族に糖尿病を患っている人に多く発症することから遺伝子の影響があるのではを考えられています。
ウィルス感染をきっかけに自己免疫の異常で膵臓の細胞にダメージが及ぶと考えられていますが詳しい原因は分かっていません。
このタイプは運動療法や食事療法の効果はあまり無い場合が多く、インスリン注射が最も効果的な方法というやっかいなタイプです。

2型糖尿病は「インシュリン非依存型」の糖尿病といわれています。
糖尿病といわれる人のほとんどがこのタイプで生活習慣病の代表といえます。よって太った人に多いですね。
一般的に運動療法食事療法を行って血糖値を下げるように指導されます。それでも症状が悪化するようだと薬物療法を行ったりインスリンの注射などを行います。
本人の努力次第で血糖値も薬を使用しなくてもコントロールすることができます。

2型糖尿病の原因も詳しくは分かっていません。遺伝子の影響も考えられていますが、家族に糖尿病の人がいなくても糖尿病になるケースもあり、遺伝子の影響だけではなくて食事や運動、ストレスなどの影響と重なって起こるのではないかと考えられています。
インシュリンの分泌が低下するとともにインスリンを注射しても血糖値が下がりにくくなるインスリン抵抗性を示すことが特徴です。

最近、インスリン抵抗性になると高脂血症、高血圧、動脈硬化の原因となることが解明されてきており、アディポネクチンの低下、TNF-α、PAI-1、レジスチンの増加が起こるとされます。
アディポネクチンはインスリン感受性を亢進するのでこのアディポネクチンが低下するとインスリン感受性が低下します。

WHOによる分類では、糖尿病は1型、2型の他に栄養不良型、特定疾患型があります。


>>藤城博の血糖値を下げる方法


その他参考サイトはこちら
血糖値を下げるには
血糖値の測定法
糖尿病の合併症
[PR]
# by tukilin777a | 2009-03-30 20:48 | 2型糖尿病

2型糖尿病と合併症

糖尿病は糖尿病そのものというよりもそれによって引き起こされる合併症が恐ろしいといえます。

糖尿病になると毛細血管のある眼の網膜腎臓などに影響を与えたり、しびれや痛みを感じにくくするなど神経障害が引き起こされます。

2型の糖尿病は努力すれば病気の進行を遅らせ、健康な人と変わりなく暮らすことができます。
たかが糖尿病とあなどっていては後に重症になってしまうことがあるので早めに対策をしたほうが良さそうです、

というのも2型の糖尿病は1型の糖尿病に比べてある程度年齢を重ねてから発症する場合が多く、糖尿病だと分かったときはすでに高血糖の状態が続いていて毛細血管へのダメージが大きい場合があります。
そのためか足先の病変が1型に比べて2型に多いです。
また2型はインシュリン抵抗性を示すため、高血圧動脈硬化を伴ってしまうことも多いです。

2型の糖尿病または境界型糖尿病と診断されたら、正しい食生活適度な運動の2つは特に気をつけなければならないでしょうね!

>>血糖値を下げるには



その他サイトも参考に
糖尿病と血糖値
低カロリーのお菓子をさがす
糖尿病食を宅配で
[PR]
# by tukilin777a | 2009-03-30 20:39 | 2型糖尿病

2型糖尿病の予防と治療

2型糖尿病の予防と治療は食事療法運動療法が基本です。

食事カロリー制限が行われますが、その他にも食パンとか白いご飯とか精製された穀物をを使用した食べ物は血糖値を急激に上げるので食物繊維を含む食べ物と一緒に摂ったり、精製度の低い玄米や無漂白の小麦を使用した食べ物を摂るようにしたほうがいいといわれます。

血糖値が急激に上がると膵臓に負担がかかります。
また、食事もよく噛んでゆっくり食べるようにすると満腹感も得られやすいので、食べ過ぎを防ぐことができますよ。

あと、塩分を控えるため醤油は減塩にする、お茶碗は小さめのものにする、ノンオイルタイプのドレッシングにする、などいろいろ工夫が必要です。
ただ、食事に関しては家族の人の協力も欠かせないですよね。


運動は散歩やウォーキングから始めるといいかもしれません。
ウォーキングを行うとインスリンの分泌が促進されるそうです。
いきなりジョギングを行うと辛くなって辞めてしまうこともありますし…。

腰やヒザが痛くてウォーキングも難しい場合は乗馬型の運動器具も販売されているので検討してみてはいかがでしょう。
ダイエットして体重も軽くなるとひざへの負担も減少します。

それからストレスの発散も大切です。膵臓はストレスの影響を受けやすい臓器だといわれています。


>>藤城博の血糖値を下げる方法


その他参考サイトもどうぞ
糖尿病の予防には
糖尿病性腎症と予防
糖尿病療養指導士とは
[PR]
# by tukilin777a | 2009-03-30 20:33 | 2型糖尿病